1957年大阪府生まれ。京都精華大学美術学部造形学科卒業。在学中からガラスに興味をもち、渡米遊学中にニューガラスの展覧会に触発されたことから、ガラスによる作品制作を本格的に開始する。北海道、東京での様々な活動の後、滋賀県に移住、工房「STUDIO TONONO」を設立。滋賀県での制作を経て、1996年より綾部市に移住。
作品制作では吹きガラス、ステンドグラス、キルンワークなど、様々な技法を用いたハイブリッドワークを主に行っている。日本各地で展覧会を多数実施。また綾部市で活動する作家とともに「それぞれの工房展」を移住後より続けており、ワークショップを行うなどガラス作品の制作を行なっている。

MESSAGE

クリエイターの声(地域の魅力)

特定の宗教の信者とかではないですが、綾部市には感覚的にどこか特別な気の流れがある場所が多く、聖域であるかのよう印象を受けます。夜になれば当たり前のように暗くなるとか、都会と異なり、時間の流れが自然と共にリズムを刻んでいて、ゆっくりと自然に制作ができる環境があるのが魅力的です。

推薦者から一言

朝重龍太
京都府地域アートマネージャー・中丹地域担当

工房をみせてもらうと、釜や色見本、またその他様々な道具が全て自作であることに驚かされます。ガラス作品の制作も同じく様々な技法、素材を組み合わせ自分だけの手法や作品制作を常に探求されており、新しい事に常に挑戦されているアーティストです。

WORKS 活動紹介

「STUDIO TONONO」 の小池靖さん。

住居の隣にある作品展示室。

小池さんの作品。キルンワーク・ステンドグラスの技法をあわせてつくられている。

小池さん自作の釜。

工房にあるガラスの色見本。