NPO法人きりん舎が運営するギャラリー兼アトリエ。 2012年にアール・ブリュットを専門に紹介するギャラリーとしてオープン。以来、年3回程度定期的に近畿圏の障がいをもつ方の作品を展示する企画展を開催している。展覧会ではアウトサイダーアートのみならず、インサイダーの作家も招聘し合同での展示を行っている。2016年より近隣の障がいをもつ方にむけて、月2回程度の表現アトリエを開催。表現することの喜びや楽しさを共有することをモットーに活動を続けている。表現アトリエ参加希望の方はウェブサイトから問い合わせ可能。

MESSAGE

代表者から一言(地域の魅力)

塩見さん
理事長

綾部市には、都市部や郊外にはない、昔ながらの自然や風土がまだまだたくさん残っています。農村の風景や、昔ながらの河川、河川へと流れ込む小さな谷川など、最近では資源として消費されてしまう原風景が、消費されないそのままの形でみることができます。

推薦者から一言

朝重龍太
京都府地域アートマネジャー・中丹地域担当

元々住宅であった一軒家をギャラリー兼アトリエとして活用している。小さいながらもアール・ブリュット専門のギャラリーとして質の高い展覧会を毎回開催している。作庭家でもある理事長の塩見さんが剪定などを行う「アプローチの庭」も、季節ごとに様々な表情をみせてくれます。

SCENE シーン

ギャラリーきりん舎入り口。「アプローチの庭」を抜けて建物に入る。

建物一階ギャラリースペース

建物一階ギャラリースペース2 

NPO法人きりん舎が行う「アトリエにしまち通り」でつくられた作品。

建物2階の展示スペースでは招待作家の展示が行われる場合もある。