ジャーポンランド JAHPON LAND

JAHPON LAND

  • PUCCI(プッチ)
  • SIPPO(シッポ)

京丹波町

ステンドグラス作家のPUCCIさんとSIPPOさんは、京丹波町でステンドグラス工房とギャラリーなどからなる施設「JAHPON LAND(ジャーポンランド)」を運営しています。ギャラリーには、PUCCIさんの作品が常設展示されていますが、ステンドグラスには珍しく三次元的な構造をしていたり、ポップなモチーフやストリートカルチャーの要素を扱うなど、他に例のない非常にユニークな作風です。また、工房では簡単な入門作品からハイレベルな立体造形、オリジナル作品にまで挑戦できるステンドグラス教室が開かれています。また、出張ワークショップにも対応されています。

MESSAGE

クリエイターの声(地域の魅力)

ふたコブラクダの背中みたいな形をしている鼓山(つづみやま)。JAHPON LANDから臨むと、ちょうどコブとコブが重なって綺麗なひとコブに見えます。その安定感のある稜線が心地よくて、すごく気に入っています。(PUCCI)

推薦者から一言

宮下忠也
京都府地域アートマネージャー・南丹地域担当

JAHPON LANDのキノコのような外観が、のどかな景色の中で異彩を放っています。建物の外観や内装が日々コツコツと改修され続けているので、何度足を運んでも楽しめます!

WORKS 活動紹介

キノコのような建物が目印

ギャラリーの入り口に置かれた、ボディにステンドグラスで「444」と描かれたスクーター。JAHPON LAND前の府道444号線をモチーフにしています。

《Mr. SHERMAN》(2005年)
写真提供:土屋隆亮

JAHPON LANDから見た鼓山