PROGRAM 地域プログラム

『Nantan Remix 2022』

南丹地域|南丹市

 

 京都府では、南丹市八木町を拠点に、アーティスト・イン・レジデンス事業「京都:Re-Search 2020 in 南丹」と、アーティスト・イン・レジデンス事業展覧会『大京都 2021 in 南丹|南譚:介在する因子』を実施しました。この2年間の事業によって、地域とアートが邂逅し(良くも悪くも)さまざまな化学変化が起こりました。それをどのように、今後のまちづくりに活かしていくことができるのか。アーティストと地域の人たちと、ともに考えるためのアートイベント『Nantan Remix 2022』を開催します。

 


 

アートイベント【Nantan Remix 2022】概要

会期|2022年10月10日(月・祝)〜10月23日(日)
   ※金・土・日・月のみ実施
会場|ちびねこ映写館/川定/
   オーエヤマ・アートサイト(八木酒造)/
   南丹市八木市民センター 文化ホール
参加アーティスト|荒木悠/身体0ベース運用法/Yukawa-Nakayasu/Load na Dito
入場|すべて入場無料
主催|京都:Re-Search実行委員会(京都府ほか)
後援|南丹市
助成|令和4年度 文化庁文化芸術創造拠点形成事業

チラシデータ

 


 

▼Nantan Remix 2022プログラム内容

 

① 美術展覧会「Nantan Remix 2022」
南丹の人や歴史を題材にした荒木悠による新作映像作品や、保津川(南丹市では「大堰川」)の文化にインスパイアされた身体0ベース運用法(安藤隆一郎)の作品《日本身体遺産:保津川下り編》(2021年)と、和束町という南丹市とは大きく異なる文化的背景を持つ場所で生み出されたYukawa-Nakayasuの作品《未開地のアフォーダンス》(2020年)を、南丹バージョンに大幅にリミックス(再編集)して展示します。地域とアートがどのように接続/再接続され得るのか、3組の実力派アーティストそれぞれの視点や手法を一度に楽しむことのできる展覧会です。

 

会期|2022年10月10日(月・祝)〜10月23日(日)
   ※金・土・日・月のみ実施
時間|11:00–17:00
会場|南丹市八木町 JR「八木駅」前商店街(地図
  (ちびねこ映写館/川定/オーエヤマ・アートサイト(八木酒造))
参加アーティスト|荒木悠/身体0ベース運用法/Yukawa-Nakayasu

 


 

アーティストトーク
展示された作品やその背景にある物語について、美術展覧会の会場にてアーティスト本人が作品の解説を行います。

 

日時|2022年10月23日(日) 13:00-14:30
集合場所|みんなのTERAKOYA おおいがわ(地図
アーティスト|荒木悠/身体0ベース運用法/Yukawa-Nakayasu
参加費|無料

 

 


 

タウンミーティング
「国際芸術祭『南丹アートフェスティバル2023(架空)』を考えてみる」

来年、南丹でアートフェスティバルを開催するとしたらどのような企画が考えられるのか。アーティストのYukawa-Nakayasuと、南丹市の姉妹都市フィリピン・マニラ市を拠点に活動するリサーチとアート・プロジェクトのためのモバイル・プラットホームLoad na Dito(ロード・ナ・ディト)のメンバー、そして南丹地域の人たちとでアイデアを出し合います。

南丹市とマニラ市は、戦国武将で八木城主の内藤ジョアンがキリシタン追放令により高山右近らと共にマニラへ追放され、その地で死去したという史実をきっかけに、1985年8月21日に姉妹都市となりました。ジョアンというひとりの人間の生き様により結びつけられた2つのまちを、アートの視点を交えることでどう再編集/再接続し、次のフェーズへと展開させていくことができるでしょうか。

 

日時|2022年10月22日(土)14:00-15:30(開場13:30)
会場|南丹市八木市民センター 文化ホール(地図
登壇アーティスト|Load na Dito/Yukawa-Nakayasu
ファシリテーター|宮下忠也(京都府地域アートマネージャー・南丹地域担当)

 

 


 

ラウンドテーブル・ディスカッション
「地域とアート|アートと地域」

様々な土地で滞在制作、作品発表をしてきた本プログラム参加アーティストたちと一緒に、アートによる地域活性化の可能性や、地域の特色を活かしたアート作品のあり方、アーティストにとっての地域の魅力について語り合います。

アーティストと地域の人たち、さらには本イベントに来場された全ての人が、フラットな立場で、双方向的に意見交換できるような場になればと考えています。ぜひご気軽にご参加ください。

 

日時|2022年10月23日(日)15:00-16:30(開場14:30)
会場|南丹市八木市民センター 文化ホール(地図
登壇アーティスト|荒木悠/身体0ベース運用法/Yukawa-Nakayasu
ファシリテーター|宮下忠也(京都府地域アートマネージャー・南丹地域担当)

 

 


 

▼参加アーティスト

撮影:黒田 菜月

荒木 悠|Yu Araki|アーティスト・映画監督
1985年生まれ。文化の伝播や異文化同士の出会い、またその過程で生じる誤解や誤訳の持つ可能性に強い関心を寄せている。特に、近年手掛けている映像インスタレーションでは、歴史上の出来事と空想との狭間にある物語を編み出し、再演・再現するような手法を展開している。
2022年は、無人島プロダクション(東京)とRC HOTEL 京都八坂(京都)での個展に加え、大阪中之島美術館からのコミッション・ワークや、京都市京セラ美術館ザ・トライアングルでの『彦坂敏昭:砂のはなし』展内にて新作を発表した。

WEB|http://yuaraki.com/
Instagram|@ikarauy

 

撮影:来田 猛

身体0ベース運用法|Shintai Zero-Base Unyoho
染色作家 安藤隆一郎による「ものづくりの視点」から考える身体論で、ものとの関わりから生まれる身体の感覚、運動、機能をゼロから見直し、人間本来の身体の運用法を見出す試み。医学やスポーツといった専門的なものとしてではない、私たちの身の回りにある身体を、アートというツールを用いて翻訳し、伝えることで、身体の消えゆく未来へ向けてその可能性を問い直している。
2016年活動開始。2017年には会場をジムに見立てた体験型展示『0GYM』(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA)を開催。ワークショップやレクチャーを多数実施。

安藤 隆一郎|Ryuichiro Ando|染色作家
1984年京都生まれ。京都市立芸術大学工芸科染織専攻修士課程修了。京都市立芸術大学染織専攻講師。
WEB|https://www.shintai-0-base.com/
Instagram|@shintai.0.base

 

 

撮影:呉太 普

Yukawa-Nakayasu|ユカワナカヤス|アーティスト
1981年大阪府生まれ。 歴史や習俗や習慣をもとに、社会や身体、日常に内在している営為や現象を視覚化する作品を制作。特に、近年では「生命の循環」まで視野を広げ、生命の営みとその現象との相互関係に着目している。
2019年からアートハブTRA-TRAVELを立ち上げ、2020年には『ポストLCC 時代の  』(京都芸術センター)などの展覧会をプロデュースした。また、京都府等が実施したアーティスト・イン・レジデンス事業『京都:Re-Search』(2019)、展覧会『大京都2020 in 和束』のゲストアーティストとして、和束町にて滞在制作、作品発表をおこなった。

WEB|http://yukawanakayasu.net/
Instagram|@yukawa_nakayasu

 

《Almost There 2021》|Image courtesy of Kamloops Art Gallery

■Load na Dito |ロード・ナ・ディト
リサーチとアート・プロジェクトのためのモバイル・プラットホーム。平野真弓とマーク・サルバトスによって2016 年から活動開始。型にはまらないプログラムの企画・実施の方法を試している。人、もの、イメージやアイデアが自由に反応しあうような状況作りに取り組み、「参加」や「協働」という言葉 に含まれる問題と可能性を探っている。

WEB|https://loadnaditoprojects.cargo.site/

 

撮影:Mark Salvatus

平野真弓|Mayumi Hirano|キュレーター・Load na Dito Projects 主宰
フィリピン大学ディリマン校芸術学部講師。アーティストが主宰する芸術祭や展覧会の調査を行なっている。

 

撮影:Zaldine Alvaro

Mark Salvatus|マーク・サルバトス|アーティスト
フィリピンのケソン・シティを拠点に活動中。マニラのサント・トーマス大学美術デザイン学部で広告美術を学ぶ。これまで、アジア・アート・ビエンナーレ2021(台湾)、第2回ラホール・ビエンナーレ(パキスタン | 2020)、シャルジャ・ビエンナーレ14(UAE | 2019)、光州ビエンナーレ2018PCANパビリオン『How Little You Know About Me』(韓国 | 2018)、『サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年から現在まで』(森美術館 | 2017)、ヴェネツィア建築ビエンナーレ・フィリピン館(イタリア | 2016)、SONSBEEK International(オランダ | 2016)など、さまざまな展覧会で作品を発表している。Load na Di-to Projects 共同設立者。

 


 

▼アクセス

電車でのアクセス
京都からJR八木駅(JR山陰本線/30分)
大阪からJR八木駅(JR東海道本線・山陽本線+JR山陰本線/約1時間10分)

 

▽会場マップ

美術展覧会「Nantan Remix 2022」展示会場
・ちびねこ映写館|〒629-0141 南丹市八木町八木鹿草66
・川定|〒629-0141 南丹市八木町八木鹿草49
・オーエヤマ・アートサイト|〒629-0141南丹市八木町八木鹿草71「八木酒造」内

アーティストトーク集合場所
・みんなのTERAKOYA おおいがわ|〒629-0141 南丹市八木町八木鹿草64

タウンミーティング
ラウンドテーブル・ディスカッション会場
・南丹市八木市民センター 文化ホール|〒629-0141 京都府南丹市八木町八木東久保29-1

 

 


 

▼ご来場の皆さまへ

  • マスクの着用、手指のアルコール消毒、互いの距離を1~2mあけるなど、感染拡大防止の徹底にご協力ください。
  • 発熱等の症状がある方はご来場をお控えください。
  • 新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、実施内容を変更・中止する場合があります。
  • 「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」、京都府新型コロナウイルス緊急連絡サービス「こことろ」の導入をお願いします。

▽感染防止策チェックリスト
新型コロナウイルス感染拡大防止のために、イベント開催時の感染防止策チェックリストを公開しています。

感染防止策チェックリスト

 


 

問合せ先|京都:Re-Search実行委員会事務局
担当|南丹地域アートマネージャー(宮下忠也)
TEL|0771-24 – 8430(京都府南丹広域振興局 企画・連携推進課内|月曜〜木曜9:00-17:00)
Email|a- 08016@pref.k yoto.lg.jp